お得情報

Bitcoinの買い方をビットフライヤーで紹介!信頼が高く高評価

一時期、Bitcoinなどの仮想通貨が話題となりましたよね?

仮想通貨は便利な面もあるんですが、高額なため不安の材料もあると言います。

初心者向きではないものの、トレーダーの間では人気の通貨でもあります。

 

 

今回は、Bitcoinについての情報と、bitFlyer(ビットフライヤー)という取引所がオススメの理由評判Bitcoinの買い方など、お得情報をまとめてみました。

Bitcoinとは?

Bitcoinは、仮想通貨とも言われますが、使い方は普通の現金と余り変わりません。

Bitcoinを持っていれば、個人間や企業間問わずに商品の支払に使えたりします。

 

 

なぜ、仮想通貨と呼ばれるのかと言いますと支払いシステムが電子化されているからです。

実際に現金を取り扱ったりせず、電子で取引されるため仮想通貨と呼ばれたりします。

ただ、電子的に取り扱いが出来るということは、インターネットを経由して簡単に支払いが出来るということで最近話題になっています。

円やドルとの決定的な違いは、メインバンクがないと言うことです。

 

 

発行を司る組織や流通を管理する組織が存在しないので、Bitcoinが危険視されることもあります。

では、どうやってBitcoinが管理されているのかと言いますと、コンピューターのネットワークを介して、管理がされています。

取引の詳細情報は、コンピューターネットワーク上に分散されて、保存される仕組みになっています。

ビットコインで行われた全ての取引記録を記載した、1つの大きな取引台帳がネット上に存在するということになります。

 

 

そして、Bitcoinの一番重要な部分は、電子取引のため、価格が変動することがあると言うことです。

ドルや円などの相場が変わるように、仮想通貨も価格が変動します。

どちらかと言いますと、株式の運営に近いものがあります。

 

 

ただ、Bitcoin自体は高額であることも多く、初心者が手を出せるものではないと考えている人もいるかもしれませんが、実際そのような事はありません。

それは実店舗で利用できる店舗が増えてきており、日本政府がBitcoinを貨幣として認定しています。

この事からBitcoinの流通量がかなり増えてきます。

 

 

あるBitcoinのトレーダーによると2021年には1Bitcoinあたり最低でも1000万円になると予想されております。

ちなみに2017年10月現在では1Bitcoinあたり65万円です。

 

 

買えないよ!

と思っている方もいるかもしれませんが、実はそんな事はなく1000円からでも購入することが十分可能です。

その際は0.00〜Bitcoinとなり、保有することもできます。

 

 

私自身、0.08Bitcoinを初めは保有しており、今では入金を重ねて1年も立たず資産が4倍以上になりました。

長期保有をするのであれば、投資目的で貯めておくのもオススメです。

bitFlyer(ビットフライヤー)が信頼度が高く、オススメの取引所

Bitcoinの取扱先として、bitFlyer(ビットフライヤー)が信頼度が高く、オススメの取引所になります。

bitFlyer(ビットフライヤー)がなぜオススメの取引所なのかと言いますと。

bitFlyer(ビットフライヤー)自体は2014年に設立された比較的新しい会社ではありますが、名だたる大企業からの出資を受けています。

出資を受けているからこそ、今急成長を遂げている仮想通貨の取引所と言えます。

Bitcoinについては、bitFlyer(ビットフライヤー)の動画を見ますと、良くわかります。

『ビットコインは bitFlyer~ダヴィンチ編(決済)~ 』(15 秒)

大企業から資本を調達出来ることは言ってみますと、bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所としての良質な可能性が高いからとも言えます。

良質な取引所でなければ、リクルートやGMOなどの大企業から出資を受けることは出来ません。

仮想通貨は今のところはですが、不安に思う方も多いかと思います。

 

 

やはりメインバンクがなく、電子取引でだけ通貨の操作を行うのは不安なものです。

ですが、知識や経験があれば、危険な通貨では全くありません。

 

 

そして、Bitcoinは価格が為替と同じように変動する可能性もあります。

買い物などに使うなら問題ないと思いますが、Bitcoinは仮想通貨であることを忘れてはいけません。

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判は、なかなかに高評価のようです。

仮想通貨でもあるBitcoinは、使い方さえ間違わなければ、便利な通貨と言えそうです。

Bitcoinの買い方をbitFlyer(ビットフライヤー)で紹介

Bitcoinの買い方は、どこの取引所を使うかによって違いがありますが、今回はbitFlyer(ビットフライヤー)での買い方をご紹介します。

BitcoinをbitFlyer(ビットフライヤー)で購入するには、まず公式サイトにアクセスする必要があります。

 

 

ビットフライヤー公式サイト

 

 

まずは、アカウントを作成しますので、「アカウント作成」をクリックします。

ちなみに、Facebookのアカウントをお持ちの方は、簡単にアカウント作成が出来ます。

すると、このような画面がポップアップしますので、登録メールアドレスに届いたキーワードを入力します。

キーワードをコピペすると、このような画面が出ますので、チェックを入れると、bitFlyer(ビットフライヤー)で取引を開始することが出来ます。

すでにこの状態で、ビットコインの口座が作成出来ているので、ビットコインを買う準備は完了です。

ビットコインを実際に購入するには、アカウントのアップグレードが必要となります。

  • ウォレットクラス
  • トレードクラス

の2つの種類がありますので、ビットコインを購入するのであればトレードクラスまでアップグレードする必要があります。

 

 

トレードクラスなら、bitFlyer(ビットフライヤー)の全ての機能を利用することが可能になります。

アップグレード要件は「本人確認種類の受け取り」が必要です。

 

 

 

ここまで完了しましたら、日本円を入金して、Bitcoinを買うだけです。

 

bitFlyer(ビットフライヤー)でのビットコインの購入方法は、「販売所での購入」と「取引所での購入」の2種類があります。

取引所での購入の方法を簡単にご紹介しますと。

まず、ホーム画面左にある「ビットコイン取引所」のボタンをクリックします。

すると、このような画面に移りますので、「注文板」に注目してみて下さい。

 

 

左側の「Ask」が売り注文を、右側の「Bid」が買い注文を示しています。

上図の例では、最も安く売られているのが金額655,350円で、数量が0.364…となっています。

つまりは、「655,350円で0.364…ビットコインまでなら売りたい!」という人がいるということになります。

1ビットコインが欲しい!と思った時に、一番安い価格で、ビットコインを買うことになります。

ただ、もし急いでいるのでなければ、「指値注文」という価格指定をする注文の方法を知っておくと良いでしょう。

例えば、「654926円で、1ビットコインが欲しいのですが、誰か売ってくれませんか?」と、注文版に注文を出します。

「数量」に買いたいビットコインの数量、「価格」に買いたい1ビットコインあたりの金額を入力します。

 

 

 

注文が約定したかどうかは、更にその下に表示されるようになっていますので、「ステータス」の部分が「完了」になっているかを確認して下さい。

ビットコインの購入方法は、以上です。

まとめ

Bitcoinは確かに便利なのですが、仕組みを知らずに使ってしまうと損をしてしまうこともあります。

仮想通貨は、円やドル相場のように、その時々で価格が変動してしまいます。

 

 

長期保有するのであれば、とりあえず1万円くらい買ってみるというのもオススメです!

まずは購入する事から始めるとオススメです。

ビットフライヤー公式サイト