貯金・節約

食費を外食や宅配で節約する方法!考え方で節約になる!

先ず最初に皆さん食費を節約しようと考えた事や実践した事はありますか?

食費は日常生活をしていく上で占めている割合がとても多いものです。

ただ、いくら頑張っても頑張った割に結果が出てこないのが食費だったりする場合があります。

 

 

そんな中、食費を抑えるために外食や宅配を使うと節約になる場合があります。

要は考え方次第!

今が見つめ直す良い時期あので、今回は食費の節約方法について書いていきます。

1人暮らしの食費の平均

images9

 

 

 

 

1人暮らしの食費は2014年度の統計水準だと38539円です。
平均値ですから、当然、この金額よりも上の人もいますし、下の人もいます。平均で38539円は少し高いですね。

1日1000円以上が食費で消える計算です。

 

 

給料が20万円の人なら、約1/5は食費で取られてしまいます。ここは何とかしたいですね。

 

 

但し、健康的な食生活を送る為なら仕方がないかも知れません。
食費を切り詰めて毎日ジャンクフードでは、体によくありません。
確かに安上がりでお腹も一杯にはなりますが、健康的な食生活とは言えません。

 

 

独身の一人暮らしの男性と女性で節約のコツが変わってきます。

 

 

女性の場合は、狙い目はスーパーのお惣菜コーナー。
仕事が終わって、閉店ギリギリに行きます。
そうすると夕方600円で売っていた総菜が半額の300円で売っています。

 

 

スーパーとしても売れ残り廃棄だけは避けたいので、半額にしてでも売り切れを狙います。

まさにここが狙い目です。
平均15000円は食費は浮くと思います。

 

味は全く同じですからね。

この作戦を使わない手はありません。

 

 

独身男性の場合は食費にどこまで含まれているかがカギです。

お酒やたばこも入っていると、たばこは2箱を1箱にすれば毎月12000円は浮きます。

 

お酒も量を減らせば、平均10000円は浮かせる事が出来るでしょう。

その他だと、朝は立ち食いソバで良いですが、昼は出来れば会社だと仕出し弁当を頼んだ方が良いですね。400円弱で結構美味しいものです。

試してみる価値はあります。

1人暮らしは自炊と外食どちらが良い?

images4

 

 

 

 

自炊と外食を比較する場合、先ず外食は何処で食べるかによって大きく違ってきます。

女性であれば自炊して、少し早起きしてお弁当を夏場以外は持っていくのが良いですね。

 

 

残った食材は冷凍庫などで保存して、夕食に使えます。

料理が得意な女性は自炊の方が断然安くなります。また外食派は大体食べる所が限らられてきます。

 

例えば、朝、立ち食いソバ400円。昼ジャンクフード500円ここまでの流れは同じですが、夜はコンビニにする人が多いと思います。

またはお弁当屋さんなどですが、そうなると、外食は高くつきます。外食で1000円以内に抑えるのはかなり厳しいものがあります。

自炊した方がお金は残ります。

 

 

冷凍食品なども効率よく使うのも手です。

無策ではどうにもなりません。

外食や宅配で食費は節約になる!考え方次第で節約に…

images6

 

 

 

 

外食産業も格安路線を歩んででいますから、馬鹿には出来ません。コスパが優れている大手ファーストフード店は増えています。

ハンバーガー・牛丼・天丼・親子丼など様々なファーストフードがあります。

 

 

ここで、格安コンビを選択するとかなり安く上がります。
例えばマックで、モーニングのコンビを買えばたった200円です。

また、ファーストフード店は割引券などを配布するお店が多いので有効に利用しましょう。

 

 

牛丼チェーン店などは100円引きセールをよく行うので、この期間は狙い目です。

またてんやは18日が天丼390円なのでここも狙い目です。

 

 

多少混んでいても安く食べられるのであれば背に腹は代えられないです。

宅配は1人暮らしだと高くつきますから、給料日のご褒美程度にしておいた方がいいでしょう。

まとめ

究極の節約はスーパーの閉店間際の半額狙いです。

これほど効率が良いものはありません。こうなったら男性も女性も関係ありません。

 

 

やはり、安く買えるのは非常に1カ月の食費を抑えるのに有効的です。

食費を抑えたい人の必需品は、冷蔵庫・電子レンジ・炊飯器です。

 

 

ご飯は炊いてあるので、ご飯を買うコストが消えます。

電子レンジが、冷凍食品の解凍に使います。

冷蔵庫は食費の保存です。この3つのアイテムは節約する上で絶対に必要なものになります。

 

 

この3つのアイテムは節約する上で絶対に必要なものになります。

場合によってはこの必需品を購入する必要も出てくるかもしれません。

結果的にお金がかかってしまうなんてことも。

 

 

総合的にみて、自身の環境に合う方法を見つけくださいね!