貯金・節約

節約の裏技を大公開!節約できない人の特徴はコレだ!

節約の裏技を大公開!節約できない人の特徴はコレだ!

ご覧頂きありがとうございます。

当サイトは節約や貯金のコツや方法を知って頂き、節約や貯金をすることで少しでも幸せになるサポートができたらと思い運営させて頂いております。

おかけ様で多数のフォロワーや読書がおり、これまで長く運営することができました。

いつもご覧頂きましてありがとうございます。

 

今回はその感謝を込めまして、今まで100組以上の方が実践して平均20万円以上節約、貯金してきた裏ワザを期間限定で無料公開させて頂くこととなりました!

無料公開となっておりますが、こちらの内容は有料でご紹介させて頂いてた内容になります。

無料だからと言って決して中途半端なものではなく、むしろ素晴らしいものとなっております。

その節約の裏技を大公開しております!

 

節約できない人には特徴がありますが、ぜひそのような方にも取り組んで頂ける内容となっておりますので、しっかり実施して頂き家計費の削減に繋げてください。

節約できない人の特徴

まず、この世の中には節約できない人がいます。

いつまでも借金を繰り返してたり、全く貯金ができないなど様々かと思います。

 

ただ、そのような方には共通の特徴があり、決して節約できない人という訳ではなく、ほとんどの人が『努力』や『気合い』などで行おうとしているかうまく行きません。

その節約できない人の特徴は5つあります。

  • お金はあるだけ使う
  • お金の管理ができていない
  • お金を節約・貯金する仕組みができていない
  • お金を節約する方法が違う
  • そもそも収入が少ない

では節約できない人の特徴とその対策を紹介させて頂きます。

節約できない人の特徴 その1.お金はあるだけ使う

節約できない人の特徴の1つとして、お金をあるだけ使う人です。

毎年、収入が増えているのにも関わらず、貯金ができないという人がいます。

それはその貯金が増えた分だけ、使っているからです。

 

お金があるだけ使ってしまう特徴は、楽観主義者で基本的に何も考えず使っています。

ただ、後から後悔している人も沢山見かけます。

このように節約できない人は『普段使っていない銀行に定期預金をする』ことをオススメしております。

 

何も考えずに使いたい人もいるかと思います。

『普段使っていない銀行に定期預金をする』ことはすぐに引き出すこともできないですし、給与日に定期預金をすることでいつの間にか溜まっていたということもあります。

特に独身者に多くいるパターンなので普段使っていない、ネットバンキングがやりやすい新生銀行などがオススメです。

節約できない人の特徴 その2.お金の管理ができていない

節約できない人の2つ目の特徴はお金の管理ができていない人です。

これは特に大雑把な人に多く見られ、家計簿をつけようとしてもつけることができない人です。

それでいつの間にかお金がなく、給与日前は毎回厳しかったり、前借りができれば前借りをしている人もいます。

中には借金を行なっている人も。

 

なんとかしたいけど、なんとかできない。

何に使っているか把握できないという方はマネーフォワードがオススメです。

こちらは自動で電子マネーやクレジット、デビット、通帳などのデータを読み取ることができ、簡単に家計簿の管理ができます。

 

また、お金の管理ができていない人で借金をされている方は、まず債務整理の相談は【相談さぽーと】のようなところで借金の整理をしてもらった方が良いです。

節約できない人の特徴 その3.お金を節約・貯金する仕組みができていない

節約できない人の特徴のその3はお金を節約・貯金する仕組みができていない人です。

節約できない人は基本的には仕組みづくりができていない人がほとんどです。

仕組みづくりとは、ほとんど何もせず節約や貯金ができるようすることです。

 

仕組みづくりをしていないと『努力ができていないから節約ができない』『気合いが足りないから貯金ができない』など間違った方向にいってしまいます。

仕組みづくりの方法は、あとでじっくり説明させて頂きます。

節約できない人の特徴 その4.お金を節約する方向性が違う

節約できない人の特徴その4は、お金を節約する方法を間違えている方です。

これは真面目な人にとても多く、特に主婦に多く見られます。

  • マメに電気を消している
  • 冬でも水でお皿を洗っている
  • 暖房や冷房はほとんど使わない
  • 節電タップを使用している
  • 10円安い卵を往復30分かけて買いにいく

など涙ぐましい努力をされています。

決してこの節約方法が悪いわけではありませんが、方向性が違う場合がほとんどです。

今回の方向性とは『変動費』のことです。

 

変動費は春夏秋冬で変わってきますし、調整がしにくいという点があります。

また努力している割に効果がほとんどありません。

この改善方法については後で詳しく説明させて頂きます。

節約できない人の特徴 その5.そもそも収入が少ない

節約できない人の特徴その5は、そもそも収入が少ない人です。

これは収入を増やす他ありません。

 

収入がそもそも少なければファイナンシャルプランナーや税理士などであっても、『転職』、『仕事を増やす』、主婦の方は『仕事をする』しかアドバイスができません。

収入が少ない人はすぐにでも、収入を増やすために努力する必要があります。

 

転職決定人数部門 第1位を獲得された転職エージェント・ワークポート。

アルバイトであれば業界トップラスのアルバイト情報サイトバイトが決まると祝い金!バイトさがしはジョブセンス

がオススメです。

節約の裏技を大公開!合言葉は無理をしない!

ここまででも内容でもかなりのボリュームがあり、その対策をするだけでも充分な節約や貯金を生み出すことができます。

ただし、本番はここからです!

お話ししておりました節約の裏技を大公開させて頂きます。

 

まず、当サイトの節約や貯金はあくまでも『幸せを得るための貯金や節約』です。

そのため、苦しい節約や貯金方法だったり、無理のある貯金方法、難しい節約方法などはオススメしておりません。

あくまでも無理なくできる!無理をしない!をモットーに行なっています。

 

その為、とても重要になってくるのが『節約できない人の特徴 その3.お金を節約・貯金する仕組みができていない』でお話ししておりました仕組みづくりがとても大切です。

そして『節約できない人の特徴 その4.お金を節約する方向性が違う』でお話ししておりました『変動費』では『固定費』に目を向けることがとても大切です。

 

この2点を合わせると『固定費で節約ができる仕組みを作る』ということがとても大切です。

固定費で節約ができる仕組みを作ると無理をする必要がなく、また仕組みでで節約ができる為、仕組みづくりが終われば基本的には何もせずに節約ができるということになります。

でのその具体的な節約の裏技をお話しさせて頂きます。

節約の裏技その1 携帯電話・タブレットの使用料金

節約の裏技その1は、携帯電話・タブレットの使用料金です。

大半の方はいわゆる大手3キャリアを使っている方がほとんどでです。

その3キャリアとはdocomo、au、softbankです。

 

この大手3キャリアが市場を独占しており、携帯(スマホ)・タブレット端末などの使用料金は大変高い状態となっておりました。

最近になり、通称『格安SIM』と呼ばれる格安でスマートフォンや携帯電話・タブレットなどが持てる会社が出てきました。

格安SIM会社の出現により、価格競争が起こりスマートフォンや携帯電話・タブレットなどの使用料金が劇的に安くなりました。

 

今までdocomoで月額8,000円ほどで使っていた方が月額3,000円になり、年間60,000円の節約に成功した方がいます。

『自分には当てはまらないのではないか』

と思われる方がいますが、そんなことはなく当たり前のように年間60,000円節約に成功する方がほとんどです。

中には1人で年間12万円ほどの節約をされた方がいます。

 

更には家族になると4人で年間24万円ほどの節約に成功された方も多数いらっしゃいます。

『格安SIM会社に変更するのが難しそう』

と思われている方もいますが、そんなことはなく実はとっても簡単です。

  1. 携帯会社を変えるために、予約番号を発行
  2. 新しい格安SIM会社へ申し込む
  3. 到着したら設定する

たったこれだけです。

 

格安SIM会社に乗り換えると

  • 電波が通じないのではないか
  • サービスが悪そう
  • すぐに壊れそう

とか思われる方もいるかもしれません。

もちろん、そんなことはなく

  • 電波は3大キャリアの電波を借りているため、問題なく繋がる
  • サービスで選ばれている会社ばかりの為、安心できる
  • 同じ仕様なので壊れたりしない

です。

 

原則、機種もそもまま利用できますので、機種を新たに買い直し、払う必要もありません。

 

当サイトからするとメリットしかありませんので格安SIM会社へ変更することをオススメします。

格安SIM会社は多数ありますが、厳選の3社を選んでおりますので以下の3社から選んでください。

Docomoをお使いの方はX-mobile(エックスモバイル)がオススメ

docomo回線をお使いの方はX-mobile(エックスモバイル)がオススメです。

電話かけ放題プランやパケット使い放題という珍しいプランまであります。

平均的には3〜7GBのプランでかけ放題ライト(5分間何度でもOK)のプランが多いです。

 

変更方法は以下の通りです。

Docomoへ電話をし、MNP予約番号を発行

X-mobile(エックスモバイル)より申し込みをする

資料等到着後、設定を行う

auをお使いの方はmineo(マイネオ)がオススメ

より申し込みをする"300"

mineo(マイネオ)はコマーシャルも行なっている格安SIM会社です。

こちらもかけ放題プランなどもあります。

平均的には3〜7GBのプランでかけ放題が多いです。

 

変更方法は以下の通りです。

auへ電話をし、MNP予約番号を発行

mineoより申し込みをする

資料等到着後、設定を行う

Softbankをお使いの方はLINE MOBILEがオススメ

softbankをお使いの方は選択肢がほとんどなく、LINE MOBILEです。

こちらも現時点でSoftbankユーザーに大変人気です。

3GBから5GBのプランがオススメです。

 

 

変更方法は以下の通りです。

Softbankへ電話をし、MNP予約番号を発行

LINEモバイルより申し込みをする

資料等到着後、設定を行う

節約の裏技その2 生命保険・医療保険料

節約の裏技その2は生命保険・医療保険料です。

こちらも家計費の割合をほぼ占めています。

 

実は生命保険・医療保険料は家の次に高い買い物として言われています。

ということは、入るものによっては保証の割に高い金額を払っている可能性が高いです。

特に昔に入っているもの、知り合いからお願いされて入ったもの、親からそのまま引き継いだものなのど、かなり高い保険料を支払いしている可能性があります。

 

また、貯蓄付きの保険や健康祝い金の保険もかなり高いものが多いです。

果たして

  • 昔から入っているもの
  • 知り合いからお願いされて
  • そのまま親から引き継いで

などで済ましていいのでしょうか?

『保険の内容なんて分からないから』

『付き合いがあるから』

などでは済まされません。

 

付き合いで入った保険は『何かあった時にちゃんと保証が足りなかった』『保険料のせいで貯金ができなかった』などお伺いしたこともあります。

契約を促した方はあなたの生活も保証してくるわけではありません。

なので、この機会に節約・貯金の為にも生命保険・医療保険料を自分でしっかり見直しをされてください。

 

そこでオススメなのがファイナンシャルプランナーから生命保険・医療保険料を提案い頂けるサイトです。

ファイナンシャルプランナーはお金のプロなので、無理のない範囲で保険料を見直してくれます。

さらに保険を多数の会社の中からぴったりのものを選んで頂けます。

分からない点はしっかりと聞き、ぴったりのものを選んでください。

 

もう一度言いますが、家賃の次に支払う金額が大きいお金です。

見直しされた方は

  • 年間10万円節約できた
  • 足りない保証が増えたけど、支払いは変わらなかった
  • ドル建てで利回りのいい保険に入れた

など様々な嬉しい言葉を頂いております。

 

また、保険の見積もりも1社で決めるのではなく、必ず2社以上の見積もりをしましょう。

2社見積もりすることで比較することができ、2社を競わせることにより、より良い保険を選択することができます。

逆に1社だと判断できないため、必ず2社以上の見積もりをしましょう。

 

オススメの保険無料相談ができる2社はこちらです。

節約の裏技その3 自動車の所有

節約の裏技その3は、自動車の所有についてです。

皆さん当たり前のように所有している車ですが、本当にその車は必要なのでしょうか?

 

その判断として確認して頂きたいのが、車の維持費。

実は車の維持費は、軽自動車でも年間36万円ほど、つまり月3万円ほどかかっているというのはご存知でしょうか?

まずは内訳をご覧ください。

項目 年間維持費
自動車税 10800
重量税 7200
自賠責保険 15130
ガソリン代 120000 
駐車場代 120000 
任意保険 30000
車検代 35000 
消耗品  10000

2年に1回のものなども年間に分けて計算しております。

このように年間合計348,000円ほどかかってきますので、月3万円ほどの車の維持費がかかってきます。

あくまで、維持費なので車両代が入ってくると更に支払いが増えます

 

ここで考えていただくことが、車は本当に必要かです。

通勤を車で行っている人もいますが、電車やバスなどでも行けるところにあえて車で行っている人もいます。

ましてや、車を持っていて電車やバスで行っている人もいます。

そして、車を使うのが休日だけ。

 

車が普段絶対に必要でなければ、レンタカーやカーシェアで充分です。

特にカーシュアは自家用車のように気軽に借りれるため、大変便利です。

車を持たないことで、軽であれば月3万円+車両代が節約でき、普通車であればもっと節約できます。

2台お持ちの方は1台の所有にするというのも一つの手です。

 

 

更に潜在的な費用も抑えることができます。

潜在的な費用とは車を持つことで、かかってくる費用です。

車は大変便利な点が、少しでも時間があると
『映画館へ行こう』
『カフェに行こう』
『夜ご飯食べに行こう』
『ちょっと花を観に行こう』
など気軽に行けます。

そうすると、潜在的かかるお金が増えます。

 

 

車がないと『車を借りてまで行く必要があるのか』と一度判断ができるため、ここでも節約につながります。

当サイトで特にオススメしているのカーシェアです。

月1000円ほど月会費からカーシェアをすることができます。

目的や用途にあわせて好きな車を選ぶことができるが、とても良いです。

車を手放してカーシェアにすることは、大変効果的な節約方法なのです。

 

タイムズカープラス

節約の裏技その4 自動車保険

節約の裏技その4は自動車保険です。

自動車保険もいくつかありますが、見直すと年間1万円ほど安くなったという人もいます。

自動車がどうしても必要な方は自動車保険などのランニングコストを節約するのがとても効果的です。

 

こちらも生命保険や医療保険と同様に比較サイトで見積もりを取ることがオススメです。

自身にあった保険を選ぶことができるため、大変安くなる場合があります。

オススメのサイトはこちらです。

節約の裏技その5 家賃

節約の裏技その5は家賃です。

家賃は家計費の中で一番負担しているものになります。

ここで節約できたら、かなりの節約なります。

 

現在家賃が10万円かかっていて、それがほぼ同等なマンションに引っ越しして、8万円になったりします。

特に長く住まれている方は、引っ越しすると部屋の質はそのままで、家賃を下げることもできます。

仮に月2万円安くなり、5年住むとしたら120万円変わってきます。

もちろん引っ越し代などかかってきますが、交渉すると諸経費もグッと抑えることができ、30万ほどで済んだ例も多々あります。

そう考えると充分、節約できます。

 

引っ越し先を探す際におすすめなのは『DOOR』です。

  • 引っ越し成約で最大10万円
  • 大手サイトの物件をまとめて検索

という特徴があるので、簡単で楽にいい物件を探すことができ、さらに特典も付いているためお得です。

入居決定で最大10万円もらえる!お部屋探しの【DOOR賃貸】

 

引っ越し業者も比較サイトで申し込むことにより、勝手に値引き合戦をしてくれます。

絶対に1社で見積もりをすることはされないようにしてください。

嵐のような電話攻撃を受けない引越し見積もりサイト【引越しラクっとNAVI】

 

また、引っ越しをしたくない、できないけど長く住まれている方は家賃交渉ができる場合があります。

特に長く住まれている方はマンションやアパートの資産価値が下がり、家賃が安くで募集がかかっていたりします。

5万円の物件が2万円になっている方もいました。

 

大家としては家賃が下がることは嫌ですが、借り手がいなくなるのはもっと嫌です。

そのため、価格交渉をすると交渉に応じる可能性があります。

ポイントとしては、現在同じマンションでアパートの別の部屋で入居募集をしているかどうかです。

 

募集をしていると家賃の相場が分かり、また空室が空くのを嫌うので交渉に応じやすいです。

ただ、満室であれば交渉しにくくなりますので、できれば空室がある方が交渉しやすくなります。

 

いうだけタダなので、自身の管理会社へ連絡し、交渉してみましょう。

節約の裏技その6 電気代

節約の裏技その6は電気代についてです。

電気代は変動費ではないのかと思われる方がいますが、その考えで間違いありません。

ただし、電力自由化によって契約する電力小売り会社によって、値段がかなり安くなります。

そのため、全体的な金額が契約し直すだけで安くなるため、固定費という考えて方もできます。

 

電力小売り会社にすることで

  • 電気が止まったりしないの?
  • 本当に安全なの?
  • 電気の質が悪いとかないの?

と思われることがありますが、全く問題なく発電所や送配電は別の業者がしているので電気が止まったり、安全性が下がったり、質が悪くなるなどありません。

そのため、基本的にはデメリットは何もありません。

 

まだ、契約変更をされていない方はほとんどの割合で電気代が安くなるため、ぜひ見積もりをやってみて下さい。

オススメは顧客満足度1位でENEOSが運営しております、ENEOSでんきです。

 

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

 

まとめ

今回は特別に期間限定で節約の裏技を大公開させて頂きました。

節約できない人の特徴は『仕組みづくりが苦手』の方が多いです。

その為、気合いや努力で何とかしようとします。

 

気合いや努力はとても大変なので、仕組みづくりとして『変動費を見直すのではなく、固定費をしっかり見直す』を上記内容に従って試して頂ければと思います。

これで年間平均20万円以上の節約に成功しており、中には年間100万円以上の節約・貯金に成功している人もいます。

 

節約や貯金のコツや方法を知って頂き、節約や貯金をすることで少しでも幸せになるサポートができたら幸いです。

最後までありがとうございました。

また、お疲れ様でした。

 

よければいいねやシェアを宜しくお願いします!