貯金・節約

自動車保険どこがいい?どこが安いのかを見るポイント!

今テレビCMでも何かと話題になっている自動車保険

走行距離で保険料が変わるものや、ネットで申し込める自動車保険など、本当に色々ありますよね?

自動車保険に入っておかないと、有事があった時に、色々手続きとか大変になったりします。

我が家でも、父が自動車と鹿の衝突事故がおきまして、人身事故ではなかったのが幸いでしたが、本当に保険に入っておいて良かったと思いました。

今回は、自動車保険に入る必要性や、どこがいいのかどこが安いのかなど自動車保険を選べば良いのかなどのポイントをご紹介します。

自動車保険の必要性

自分は事故を起こさないから大丈夫と、自動車保険の必要性を感じない方も、もしかしたら多いのかも知れませんが、何かあった時に、やはり入っておいた方が安心できますよね?

もし人身事故を起こした時は、治療費も賠償しないといけないですし、単に衝突事故でも、修理費が必要になったりします。

その時に必要になってくるのが、自動車保険です。

 

 

 

自動車事故を起こしてしまうと、必ず何かしらの損害が発生しますよね。

怪我の治療費だったり、自動車の修理費だったり、もしかしたら、被害者の方が亡くなってしまうような自動車事故を起こす可能性もあります。

そうなると、経済的な負担も半端な額でなくなったりします。

転ばぬ先の杖、それが自動車保険の必要性でもあるんですね。

備えておくに、越したことはありませんので、やはり自動車保険には入っておくべきだと思います。

自動車保険どこがいい?どこが安いのか見るポイント

自動車保険は、沢山種類があるので、どこがいいのか、どこが安いのなど迷ってしまうことこともありますよね?

そんな時に『どこがいいのか』『どこが安いのか』を見るポイントをご紹介しますと。

まず、「車両保険」のタイプを見ることをおすすめします。

というのも、「車両保険」には、上級タイプ、一般タイプ、エコノミータイプの3つがあるのですが、年数が経過している車などでは、エコノミータイプが安くなるポイントです。

他にも、車両保険をつけたままで安くするのでしたら「免責金額」にも注意してみましょう。

そこを見ることで自動車保険の『どこがいいのか』『どこが安いのか』かが判明します。

 

 

 

自腹で払う金額が大きいほど、車両保険は安くなります。

また、車の運転をする人が特定の人物だった場合は、「運転者限定条件」をつけるのも良いと思います。

これらのポイントを踏まえた上で、「走行距離」や「年齢条件」なども付けられる所を選ぶのがおすすめです。

すでに最安値で保険に入ってる場合も、ネットなどで「保険の再見積もり」をすると、安い保険料になる場合もあります。

もちろん、どこが安いのかを検討することは大事ですが、どこがいいのかを検討することはもっと大事です。

万が一、交通事故にあって保険が出ないとなった際はとても大変です。

ただ、現在テレビCMでやっている自動車保険会社は安心できる会社がほとんどなので、あまり気にしすぎなくても良いかと思います。

 

 

 

結論から言いますと、「車両保険」「免責金額」「運転者限定条件」「走行距離」「年齢条件」「保険の再見積もり」が出来るタイプの自動車保険がオススメと言うことになります。

無料で見積もり出来るサイトもありますので、良く考えて入るようにして下さい。

自動車保険どこがいい?どこが安いのか見るのは比較サイトがオススメ

自動車保険を選ぶ際には、比較サイトを使うのもおすすめです。

比較サイトでは、一括で無料見積りが出来るので、どこがいいか、どこが安いのかがすぐにわかります。

中には、無料見積りで5万円以上安くなった方もいらっしゃいますので、比較サイトは、かなり使えると思います。

以下に、代表的な自動車保険の比較サイトをご紹介します。

インズウェブ

インズウェブでは、無料で20件もの自動車保険を一括で見積もりが出来ます。

安くなる平均金額が、3万円以上になるというから驚きですよね?

もちろん!見積もりが出来るサイトも「アクサダイレクト」や「イーデザイン損保」「ソニー損保」など有名会社ばかりなので、知名度もありますし、その分安心して見積もりが出来ると思います。

保険の窓口「インズウェブ」は、自動車保険一括見積もりサイトでNo.1の実績も誇っており、サービスなども安心して受けられると思います。

リアルタイムで、見積もりが出来るようですので、まずは無料で見積もりをしてみるのも良いかも知れません。

やはり、安いのは一番の魅力ですが、安心さも重要ですので、実績のある自動車保険に入りたいものですね。

 

 

自動車保険は比較で安くなる!

 

保険スクエアbang!

「保険スクエアbang!」も、無料で一括の自動車保険の見積もりが出来るサイトです。

初心者でも安心出来る弁護士監修というのも、ポイントですね。

車のメーカーを選ぶだけで、一括で自動車保険の見積もりが出来ますし、こちらでも「アクサダイレクト」や「イーデザイン損保」など、テレビCMでもお馴染みの自動車保険の見積もりが出来ますので、信頼度も高いと思います。

自動車保険の見積もりをするには、ある程度の入力も必要になりますが、それも3分ほどで完了するみたいなので、よりスピーディに見積もりが出来ます。

最新ニュースなどで、自動車保険の動向もわかるので、今ホットな自動車保険がどれなのかも、簡単にわかるようになっています。

自動車保険の満足ランキングでも、受賞歴があり、もし自動車保険をどれにするか迷った時には、保険スクエアbang!を利用するのも、一つの方法です。

代表的な自動車保険の見積もりサイトをご紹介しましたが、他にも自動車保険の見積もりサイトは存在します。

ただ、自動車保険は金額が結構かかるものでもあるので、やはり信頼度の高いサイトを利用するのがおすすめです。

 

 

 

見積もりだけなら、無料で出来ますので、上記のような受賞歴のある信頼度の高いサイトを利用した方が、保険料が安くなるのはもちろん、安心も買うことが出来ますね。

 

 

【ズバット自動車保険比較】自動車保険の無料一括見積もり依頼サービス

 

まとめ

自動車保険は、やはり入った方が良いのは間違いないですね。

どれを選ぶか迷う時には、上記でご紹介したサイトなどで、一括無料見積りなどをして、そこで保険料やサービス内容をしっかりと調べた上で、自動車保険に入るのがおすすめです。

 

 

 

走行距離はもちろんのこと、対人保障や物損による事故を保障してくれたり、選ぶポイントはいくつかあります。

保険料が安いだけで入ってしまうと、後で問題が起きる可能性もありますので、やはり迷った場合は、テレビCMなどで有名な大手の自動車保険に入るのが確実かな?と思います。

今はネットがあるので、自動車保険も選びやすくなりました。

ネットを使うと、より安く自動車保険に入れるというケースもありますので、ぜひネットを活用してみて下さい。