貯金・節約

確定申告で得する人・損する人|お得情報や方法を紹介!

年末年始が近づいてくると、確定申告の時期も近づいて来ますね。

毎年のこととは言え、確定申告で頭を悩ませる方も多いかと思います。

確定申告をしないと、損をすることもあると言いますし、税金の納税は国民の義務ですから避けては通れないですよね?

 

 

今回は確定申告で得する人や損する人のご紹介と、お得情報や確定申告の方法ついて簡単にまとめてみました。

確定申告とは何か簡単に紹介

確定申告って、良く聞く言葉ですが、実際にはどんな物の事を言うのでしょう?

そこで、確定申告とは何か簡単に紹介させて頂きます。

 

 

確定申告とは、一年間(12月31日~1月1日まで)の間に所得があった場合、所得税と復興特別所得税の額を「申告納税」することです。

納め過ぎた所得税と復興特別所得税の「還付申告」をする手続きも、これに含まれます。

税を納めるのはもちろんですが、還付申告をしないと、納め過ぎた税金が戻って来ないからこそ、確定申告は忘れてはならないのです。

 

 

還付申告は、損益通算や所得控除、税額控除などから税金の再計算をすることで、納めすぎた税金を還付してもらう制度のことです。

還付申告で戻って来る可能性があるものの代表的な例は、医療費控除、住宅ローン控除などになります。

 

 

確定申告は、正しく税を納める制度でもあり、還付も申請できる制度ということになります。

 

 

ちなみに、還付申告は申告期間が決まっていて、翌年の1月1日から5年間有効です。

そして中には、確定申告が不要になることもあります。

 

 

例えば、その代表的な例を挙げますと。

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 退職所得
  • 譲渡所得
  • 山林所得
  • 一時所得
  • 雑所得

などがそれにあたります。

 

 

特に通常の利子所得は、源泉徴収がすでにされているので、申告が不要になります。

逆に、確定申告が必要になる方は、「配当所得が」や「不動産所得」「事業所得」「給与所得」「退職所得」「譲渡所得」があった方などです。

 

 

還付申告が申告できる方も決まっており、例えば退職した方などは、還付申告が出来る可能性があります。

確定申告は、知らないで収めていると損をする可能性もあります。

 

 

特に、還付申告を知らないと、払い過ぎた税金が戻ってこなくなりますので、注意して下さい。

確定申告で得する人と損する人

 

確定申告がどういう物なのかを知らないと損する人もいらっしゃいますし、逆に知っていると得する人もいらっしゃいます。

例えば、得する人というのは、例えば、こんな人が対象となります。

  • 医療費が年間10万円を超えている人
  • 住宅ローン控除を初めて受ける人
  • 中途退社などで、年末調整を受けてない人
  • 盗みを働かれたり、自然災害などで資産に被害を受けた人
  • ふるさと納税などで寄付をした人

なぜ、これらの方達がお得になるのかと言います。

前述もしましたが、確定申告には、還付申告もあるからです。

 

 

確定申告をすることで、もっと言ってしまいますと、還付申告をすると、上記の方は税金が戻って来る可能性があります。

だからこそ、得する人と言えるわけですね。

 

 

では、確定申告をすると損する人はと言いますと。

本業の給与収入以外に、別の給与収入や所得(副業)などがある場合、原則として確定申告をする必要があります。

 

 

ただ、以下の方は、確定申告をしなくても良いことになっています。

「 本業の給与収入以外の給与収入」「給与所得以外の所得(不動産所得や一時所得など)」の合計額が20万に満たない場合は、確定申告の必要はありません。

これらに該当する方は、確定申告の必要はありません。

 

 

確定申告をすることで、色々な控除(医療費控除など)が受けられなくなりますので、確定申告をしてしまうと損をしてしまうのですね。

ネットオークションなどで稼いだりしている方は、確定申告が必要かどうかも合わせてチェックしておかないと損をすることがあります。

得をするためにも、損をしないためにも、確定申告はしっかりと確認する必要があると思います。

確定申告のお得情報や方法を簡単に紹介

確定申告のお得情報や、申告の方法も簡単にご紹介しますと。

確定申告のお得情報は、前述した通りで、還付申請をすることでお金が戻って来るとご紹介しました。

得する人は、確定申告(還付申告)をするだけでお得になれます。

ということで、お得情報は省いて、申告方法をご紹介しようと思います。

確定申告の方法は、以下の通りです。

1:日々の取引や領収書の管理など、必要な書類などをまとめます。

2:支払調書、源泉徴収票、医療費控除のための領収書など、申告に必要な書類を収集し、チェックします。

3:確定申告の申告書を入手し、作成します。

4:国民健康保険料や医療費など、控除になるものを計算します。

5:管轄の税務署に申告書を提出します。

6:税金を納めます。

以上が、確定申告の流れになります。

どうでしょう?割と簡単に感じられたのではないでしょうか?

確定申告の用紙などは、今はネットで手に入れることも出来るそうです。

国税庁のサイト「確定申告書作成コーナー」では、確定申告を直接入力出来たりもしますので、上手に活用して、申告漏れがないように作成してみて下さい。

おすすめはふるさと納税

 確定申告では、ふるさと納税をすることで、お得になる可能性もあります。

というのも、ふるさと納税では、税金が戻って来る可能性があるからです。

その中でも、おすすめのふるさと納税のご紹介をしますと。

 オススメ1 ふるなび

ふるなびがおすすめな理由は、実質な負担が2000円程度で数々の返礼品を受け取れるということです。

ふるさと納税サイト「ふるなび」

返礼品で探しても良いですし、地域で探しても良いですし、好きな地域に寄付をすることで、税金が控除される可能性があります。

控除されるには、確定申告が必要なこともあり、ふるさと納税と確定申告は切っても離せない仲なのですね。

ただ、最近では確定申告が必要ではない、ふるさと納税の特例もありますので、そちらを利用しても良いと思います。

 

ふるさと納税サイト「ふるなび」

オススメ2 noma-style.com

noma-style.com

ノマスタイルでも、ふるさと納税を寄付することで、返礼品がもらえるのですが、注目すべきは返礼品の種類になります。

と言いますのも、ノマスタイルでは、「ジェラートピケ」のようなブランド物が返礼品として用意されているからです。

返礼品の種類も豊富ですし、どうせ寄付するのなら、素敵な返礼品が欲しいものですよね?

ノマスタイルでは、女性に人気があるそうなので、寄付をしつつ、好きな女性にプレゼントするというのも素敵な使い方かも知れません。

ふるさと納税は、活用次第では、節約にもなるお得なシステムと言えそうです。

 

noma-style.com

まとめ 

 確定申告は面倒なイメージもありますが、やらなくてはならないことでもあります。

特に還付されるとしたら、知らないと損をすることもありますよね?

お得な情報や簡単な申告方法などをまとめてみましたので、参考になりましたら幸いです。