貯金・節約

貯金の仕方が分からない!1人暮らし社会人にオススメの方法

あなたは貯金をしていますか?

独身だとついついパーと使って使ってしまいがちになってしまいますよね。

1人暮らしだと余計に貯金が難しいかもしれません。

 

 

でも、将来のことを考え、貯金をすることをオススメします!

今回は貯金の仕方が分からない1人暮らしの社会人のために、「貯金の必要性」と「オススメの貯金方法」について書いていきます。

o16881125fotolia_78938441_subscription_monthly_m-20160629181341

そもそも貯金って必要?

いつどんな出費があるかわかりません。

 

 

家電が壊れたので買う必要がある。

車の調子が悪いので修理に出すことになった。

 

 

付き合っている方がいれば、将来は結婚を考えている方がいるかもしれません。

結婚となると、結婚式、新居、新居に伴う家電製品やインテリア製品の購入等、かなりの出費が伴います。

そして、将来は年金制度が崩壊し、年金がなくなる可能性も考えられます。

老後に向けて、ある程度の貯金はしていたいものです。

 

 

このように家電製品や車の故障等の急な出費に即座に対応できるのは貯金です。

そして、将来に向けて今から貯金をしておきましょう。

「来年から貯金する!」っと決意してもなかなかできないものです。

貯金の仕方が分からない人が続出!その理由は?

貯金ができるか、貯金ができないかは、その人の収入が大きく関係してきます。

 

 

しかし、それ以上に、その人の生活環境や性格による部分が大きいと推測されます。

・収入が少なくて貯金できない

・お金の管理ができなくて貯金できない

上記はどちらも「貯金できない理由」ですが、意味が全然違います。

 

 

貯金をできるほどの収入があるのに貯金ができないのであれば、無駄遣いをしている可能性があります。

「貯金できない」と思っている方は、お金をどう使っているかを見直してみましょう。

意外と貯金が出来ていないのは1人暮らしの社会人!

fotolia-88983273-xs

独身の社会人と1人暮らしの社会人では、1人暮らしの社会人が意外と貯金ができていないようです。

 

 

理由として、

・家賃や光熱費の支払がある

・毎日の食費

などがあります。

 

 

独身だと家賃は両親が支払をしているケースがほとんどだと思います。

食事も親が作ってくれるケースがほとんどですよね。

1人暮らしの場合、家賃や光熱費を給料から支払う必要があります。

そして、食費の支出がかなり大きいです。

 

 

1人暮らしで毎日、自炊をしている方はすごく少ないです。

ついつい外食になってしまいがちです。

「外食」が食費の支出が大きい原因です。

 

 

このように、実家暮らしだと家賃や食費の心配をあまりする必要はありませんが、1人暮らしだとすべて収入から捻出する必要があります。

意外と貯金できていないのは1人暮らしの社会人と言われるのは、このことが原因です。

1人暮らしの社会人にオススメの貯金方法!

1人暮らしだと「貯金」が難しいと思われるかもしてません。

しかし、ちょっとしたことを支出を抑えることができます。

 

 

そして、余ってきたお金を貯金にまわしていきましょう。

まずは、「食費」や「高熱費」などの1ヶ月の支出を把握するようにしましょう。

おそらく、1番大きい支出が「食費」だと思います。

毎日、帰宅してから自炊がしんどい場合は、週末など休みの日に、数日分をまとめて作ってしまい、冷凍しておくという方法があります。

 

 

あと、お昼ごはん代もかなりの支出になります。

毎日、お昼ご飯を食べに行っている方は、それをお弁当を作るだけでかなりの節約になります。

 

 

毎日、お茶やお水のペットボトルを買っていませんか?

 

 

これを、水筒に入れて持っていくだけで1日1本(150円)のペットボトルを買っていた場合、出勤日が20日としたら3000円の節約につながります。
もし買うのであれば、まとめ買いがお得です。

 

 

そして、「高熱費」に関しても、必要ない時は電気を消したり、エアコンの温度調整などで「光熱費」が安くなります。

このように、1人暮らしをしている方でも、ちょっとした工夫で貯金ができるお金を作ることができます。

また電力会社の見直しはとても有効的です。

 

【ENEOSでんき】まとめなくても電気代がおトク!

 

o04000416ar0010009493w-400x416

まとめ

貯金をする上で重要なことは、自分の収入と支出を把握することです。

貯金が貯まってくると、貯金がだんだん面白くなってきます。

貯金が増えてくると、心にもゆとりができてきます。

将来のことを考え、貯金を考えていきましょう。