お得情報

車の軽の維持費は年間・月どのくらいかかるか調査!

車は軽自動車だったり、普通乗用車だったりと、好みは分かれる所だと思いますが、共通してかかるのは維持費です。

維持費には色々ありますが、軽自動車だと維持費が安いとも言われていて、軽には根強い人気がありますよね?

では、車の軽自動車の維持費はどのような費用がかかるのでしょう?

もし安く出来る方法があるとしたら、知りたくはありませんか?

 

 

 

今回は、軽自動車の年間(月間)の維持費がどのくらいかかるか?
種類や維持費を安く出来るお得情報を合わせてご紹介します。

車の維持費とは?

車の維持費は軽か普通乗用車にかによっても変わりますが、例えば、こんなものが維持費としてかかると言われています。

自賠責保険料

自賠責保険料

この保険は、交通事故を起こした時に、相手に補償を払う時などに使われる保険で、新車であっても中古車であっても、必ず入らないといけない保険です。

車検時に払う保険なので、自賠責が残っている車だとしても、保険料は込みで売買される事が多いです。

ですので、車を購入する時には、保険の支払額が保険期間と同じかを確認して購入しないと損をすることもあります。

ちなみに、自動車保険は任意なので、必要ないと思えば、入らなくても良いのが自賠責保険との違いです。

検査・登録費用、車庫証明費用、納車費用など

検査・登録費用、車庫証明費用、納車費用など

新車を買う時や、中古車でも、車検が切れている時には、これらの費用がかかります。

特に納車費用は、10000~20000円くらいかかるので、結構な負担になります。

自動車リサイクル料

自動車リサイクル料

自動車を処分した時に、エアバッグやナビなどを解体する時にかかる費用です。

車種によっても違いますが、中古車であってもかかる費用であることには注意して下さい。

車検費用

車検費用

軽自動車にももちろん車検が義務付けられています。

車種費用が異なりますが、自動車重量税、自賠責保険料、検査・登録費用、車検整備・点検費用・登録代行費用などが車検の際にかかってきます。

なかには、中古車を買って、次の車検の時には、新しい車を購入し、車検費用を安くしている方もいるようです。

燃料代(ガソリン代)

車を持っていて、実際に乗れば、確実にかかる費用ですね。

燃料が入らないと、そもそも道路を走れませんので。

ガソリンスタンドによって、値段が違うので、どのスタンドを選ぶかで費用に違いが出ます。

駐車場代

自分の家に、駐車スペースがある場合はかかりませんが、マンションなどにお住まいの方で、車を持っている方にはかかる可能性があります。

もしくは、外出した場合に、駐車場に止まるとかかる費用ですね。

これも物件によって違いがありますので、いくらとは言えません。

整備費(部品交換など)

夏タイヤから冬タイヤに変える場合など、部品交換にかかる費用です。

事故を起こさないでも、故障した場合には、かかる費用です。

自動車ローンの費用

一括現金払いなら問題ないですが、車は大きな買い物ですので、ローンを組んで払う方も多いと思います。

金利や申し込み条件など、銀行などにも違いがあり、いくらとは言えませんが、最近は金利の安い銀行なども増えています。

単に車を持っているだけでも、こんなに様々な費用がかかるのですね。

購入して終わりではないのが、自動車にはお金がかかると言われる理由だと思います。

車の軽の維持費は年間・月どのくらいかかる?

車の軽にかかってくる維持費の内訳は分かれたかと思いますが、年間や月どのくらいかかるのでしょうか?

軽自動車の維持費には、例えばこんな種類の維持費がかかります。

車の軽の維持費は年間・月どのくらいかかる?
  • 軽自動車の税金
  • 軽自動車の自動車保険代(自賠責保険・任意保険など)
  • 軽の車検代
  • 消耗品代
  • ガソリン代

などです。

では実際に年間でかかる軽自動車の維持費がどのくらいかかるのか具体的ご覧ください。

ガソリン代

93,000円

※年間10,000km走り、1リットルで140円、燃費15km/Lの車で計算した場合です

駐車場代

120,000円

一月1万×12カ月で計算した場合

●自賠責保険料

13,185円

2年で26,370円の保険だった場合

●任意保険

50,000円

保険の種類によって違います。

●車検代

40,000円

ディーラー車検2年(2年で80,000円)の場合

●消耗品代

30,000円

多めに見積もっておくと、計算がしやすいです。

●軽自動車税

10,800円

毎年かかる費用です。

●自動車重量税

4,400円

車検時2年で8,800円で計算しています

 

 

 

ざっと見積もると、軽自動車でも、こんなに維持費がかかります。

この一例でも、合計すると、一年で361,385円もの維持費がかかる計算になります。

高速道路代などを考えると、軽の年間維持費は、300,000~400,000円はかかると覚悟しておいた方が良いです。

もし安くしたいと思った時には、自動車保険を見直すと言う方法もあります。

ですが、基本的には、軽であっても、月に30,000円程度はかかると思って下さい。

車の軽の維持費を考えるとカーシェアもオススメ

車の軽の維持費は結構な費用がかかると書きましたが、もし毎日自動車に乗るとかでなければ維持費のかからないカーシェアもおすすめです。

同じようなサービスにレンタカーがありますが、両者の違いをご紹介しますと。

カーシェアのメリットとデメリット

  • 24時間いつでもどこでも使え、返すのも自由な時間で出来る
  • レンタカーに比べ、どこにでも多くあるため探しやすく、借りやすい。
  • 短時間でも借りることができ、その分安く借りることができる。
  • ガソリン代込みの料金のため、価格が明瞭(プランによって異なる場合があります。)
  • ステーションごとに車種が決まっているので、車の種類が少ないことが多い

レンタカーの場合のメリットとデメリット

  • 車種の選択肢が沢山あり、車の種類が多い
  • 借りる場所がいつもと違っても、会費などを支払う必要が無い
  • 長時間借りる場合は、カーシェアよりお得に利用できる場合がある。
  • ガソリンは満タンで返却する必要がある(もちろん自己負担です。)

などのメリットやデメリットがあります。

 

 

 

カーシェアの場合はレンタカーと違い、最短15分単位で借りれるのはメリットとして大変大きいです。

レンタカーでは最短6時間ほどということなので、
「ちょっとそこまで。」
のように本当に近場に行くなら、カーシェアの方がお得です。

 

 

 

私自身タイムズカープラスというサービスを利用しています。

その理由はやはり軽自動車を持った時の維持費です。

月3万円維持費がかかると考えると、軽自動車でも買いづらくなりました。

私みたいに平日車には取らないけど、土日祝日だけ時々外に出ることがあるという人であれば、カーシェアの方が維持費がかからないかと思います。

カーシェアは比較的どこでもありますので、本当にマイカーのように利用でき気分や用途に合わせて、車種まで選ぶことができます。

更に、車両代がかからないということであれば、私にとってはメリットしか感じません。

レンターカーだと毎回、契約や支払いなどがあり、また場所が遠かったりするので手軽さがありません。

その為、カーシェアはとてもオススメです。

カーシェアはタイムズカープラスがオススメ

カーシェアはタイムズカープラスがオススメ

カーシェアのメリットとデメリットは前述しましたが、カーシェアでオススメな会社はタイムズカープラスです。

カーシェア会社の有名どころと言えば、

  • タイムズカープラス
  • オリックスカーシェア
  • カレコ・カーシェアリングクラブ
  • アース・カ

がありますが、タイムズカープラスは、料金が他社と比べて安いことが多いんですね。

タイムズカープラスでは、利用する時に会員(タイムズの駐車場の会員)になる必要があります。

この会員になることで、利用する度に、ポイントが貯まるというお得なサービスもあります。

一般会員の場合、タイムズカープラスを利用すると、100円で1ポイント貯まりますので、結構な還元率だと思います。

タイムズカープラスでポイントを貯める方法は色々ありますが、代表的なものはと言いますと。

  • タイムズ駐車場のタイムズ1カ月定期券の購入をした時
  • タイムズカーレンタルを利用した時(レンタカーを借りる場合ですね)
  • タイムズクラブのオンラインショップでカー用品を購入したり、車検代を払った時など

貯まったタイムズクラブのポイントは、タイムズチケット(駐車料金の支払いに使える)やレンタルeチケット(レンタカーを借りる費用に)に交換出来たり、イオンなどで使えるギフト券に交換出来たり、オンラインショップなどでも使うことが出来ます。

でも、実は一般会員よりもプレミアム会員になると、更にお得になります。

一般会員では100円=1ポイントですが、プレミアム会員では100円=3ポイントが貯まるので3倍もポイントが貯まるんですね。

プレミアム会員になっておけば、例えば東京都内でカーシェリングを6時間利用し、東京駅周辺のタイムズ駐車場に1時間駐車したとすると、総額は5000円程度になります。

するとポイントは150円ポイントも貯まります。

 

 

 

高還元率なので、一般会員になるよりは、プレミアム会員になることで、更にお得に利用出来ます。

実はこのプレミアム会員というのは、タイムズカープラスの会員になるだけで、自動的に一般会員ではなく、プレミアム会員になれます。

そうなるとレンタルカーを借りる時にも、最大で25%OFFで利用出来るので、かなりお得な会員特典だと思います。

もし、カーシェアを考えている方でしたらタイムズカープラスはオススメです。

まとめ

車の維持費を出来るだけ安くしたいと考えている方は、多いかと思います。

保険の見直しをしても良いですし、ガソリン代の安い場所を使ったりなど、維持費を安くする方法は色々あります。

 

 

 

今回ご紹介したカーシェアなども、最近人気があるのは車を持たないことで駐車場代や自動車税を払わなくて良い所にあります。

長距離を毎日運転するのでしたら、軽でも良いと思いますが、ちょっとした買い物程度でしたらカーシェアを利用するのも一つの方法だと思います。

車の維持費を知る上での参考になりましたら、幸いです。