お得情報

ふるさと納税で商品券・金券がお得!還元率も紹介!

あなたは「ふるさと納税」を済まされましたか?

 

また、そもそも「ふるさと納税って何?」と言う人もまだおられるともいますので、今回は「ふるさと納税」について簡単にご紹介するとともに、その返礼品の中でも人気のある商品券や金券についてベスト3を詳しくご紹介したいと思います。

「ふるさと納税」がまだお済みで無いあなたも、またお済の方は今後の」参考にも是非ご覧いただければと思います。

ふるさと納税で商品券・金券がお得と話題

ふるさと納税の返礼品として

「商品券・金券がお得すぎる!」

と話題になっています。

確かにお得ですね。

 

返礼品は実質負担額、2000円程度でゲットできるのでお得なものが沢山あります。

そもそも、ふるさと納税について理解されていますか?

ふるさと納税とは

「ふるさと納税」と「納税」と言う言葉を使っていますが、本来自分が応援したい自治体に「寄附」することを言い、その寄付金額が「所得税・住民税」の控除対象となる制度になります。

そのため一部では「ふるさと寄付金」とも言われることもあります。

 

つまり、「ふるさと創生」という地方自治体を盛り上げようとする政府の方針に則って2008年から始められた制度です。

この制度を活用して、控除された住民税額は、開始初年度(2008年)つまり2009年度の住民税控除額が約18億円の控除額になっていましたが、2016年度、つまり2017年度の住民税控除額が約1,770億円と約10年で100倍もの控除額が適応されています。

 

また、この控除額もさることながら、寄付した自治体から「返礼品」として寄付金額に応じたお礼の物品や金券、商品券等を寄付した人に贈ることに魅力を感じている人たちも多くいます。

ふるさと納税にオススメの商品券・金券ランキング ベスト3!還元率も紹介

さて、ふるさと納税制度について前知識が付いたことで、どこに納税(寄付)するかが大きな問題になってきます。住民税などの控除される額は寄付金額に応じて決まっているので、あとは返礼品が有利な自治体を選べばよいことになります。

特に地域物産等に興味のある方は別として、やはり嬉しいのは「金券、商品券」になります。「ふるさと納税」の全体的な人気もこの品目に集中しているようです。

 

また、地域にこれと言った物産が無いような自治体はこうした金券、商品券を返礼品としてで対応しているところが多いようです。

1位 リンガーハット リンガーハットグループ共通商品

やはり何といっても「リンガーハットグループ共通商品券」に人気があります。

リンガーハットは全国展開するレストランチェーンですので、そのままご自宅近隣のリンガハットチェーン店でお使いになれるものになっています。

そこで、対応自治体、寄付金額と、返礼品、納税還元率をお示しします。

ふるさと納税リンガーハットの商品券

 

 リンガーハットの商品券をゲットする

2位 ツーリスト旅行券

ツーリスト旅行券が第二位になります。

これは、そのまま旅行券として旅行代金の一部として使用できるので、ちょっとした旅行の足しにするには好適品になります。

返礼品(金券・商品券)ベスト2:ツーリスト旅行券

 

ツーリスト旅行券をゲットする

3位  サーティワンアイスクリーム商品券

全国展開するサーティワンアイスクリームの商品券にも人気が集まっています。

還元率も高く、お子様のいるような家族ではお得感が非常に高いふるさと納税になっています。

返礼品(金券商品券)ベスト3:サーティワンアイスクリーム商品券

 

サーティワン商品券をゲットする

まとめ

ふるさと納税の返礼品として人気のある商品券、金券類をご紹介しました。

ふるさと納税は各自治体で準備した返礼品の数に限りが有り、寄付金が目標額に届けば募集締め切りになってしまいますので注意が必要です。

 

また、最近では、所管の総務省より還元率が30%を上回る自治体に対して還元率を低減させるよう通達を発出した経緯もありますので注意して下さい。